トップ » メンバー » 高柳 広

高柳 広
Hiroshi Takayanagi, M.D., Ph.D.

東京大学大学院医学系研究科 免疫学 教授

E-mail address: takayana[@]m.u-tokyo.ac.jp


略歴
平成2年東京大学医学部卒業。
東大整形外科等で7年間の臨床医の後、東大整形外科大学院(中村耕三教授、田中栄助手)進学。 関節リウマチ骨破壊と破骨細胞の研究を行い、平成13年修了、医学博士。
同年、東大医学部免疫学(谷口維紹教授)助手に就任し、インターフェロンによる破骨細胞制御の研究等を行う。
平成13年12月より、科学技術振興機構さきがけ研究21研究者。
平成15年10月より、東京医科歯科大学分子細胞機能学の特任教授に就任し、新しい研究室の立ち上げを行う。 破骨細胞における転写因子NFATc1や免疫受容体による制御の研究など、免疫系による骨代謝制御に焦点をあてた「骨免疫学」と呼ばれる新規学際領域を開拓している。
平成17年4月より、東京医科歯科大学分子情報伝達学教授に就任。
平成21年10月より、JST ERATO高柳オステオネットワークプロジェクト研究総括に就任。
平成24年5月より、東京大学大学院医学系研究科 病因・病理学専攻 免疫学講座 免疫学教室 教授に就任。

主要論文
Takayanagi, H. et al. Nature 408, 600-5 (2000)
Takayanagi, H. et al. Nature 416, 744-9 (2002)
Takayanagi, H. et al. Dev Cell 3, 889-901 (2002)
Kim, S. et al. Genes Dev 17, 1979-91 (2003)
Koga, T. et al. Nature 428, 758-63 (2004)
Koga, T. et al. Nat Med 11, 880-5 (2005)
Sato, K. et al. Nat Med 12, 1410-6 (2006)
Takayanagi, H. Nat Rev Immunol 7, 292-304 (2007)
Asagiri, M., et al. Science 319, 624-7 (2008)
Shinohara, M., et al. Cell 132,794-806 (2008)
Takayanagi, H. Nat Rev Rheumatol 5(12), 667-76(2009)
Okamoto, K., et al. Nature 464, 1381-5(2010)
Nakashima, T., et al. Nat Med 17, 1231-4 (2011)
Negishi-Koga, T., et al. Nat Med 17, 1473-80 (2011)
Hayashi, M., et al. Nature 485(7396), 69-74 (2012)
Komatsu, N., et al. Nat Med 20, 62 - 8 (2014)
Negishi-Koga, T., et al. Nat Commun 6, 6637 (2015)
Takaba, H., et al. Cell 163, 975 - 987 (2015)
Gerrini, M. M., et al. Immunity 43, 1174 - 85 (2015)
Ono, T., et al. Nat Commun 7, 10928 (2016)
Terashima, A., et al. Immunity 44, 1434 - 43 (2016)

主要受賞歴
アメリカ骨代謝学会 Young Investigator's Award 1997.9
井上研究奨励賞 2002.2
国際サイトカイン学会 Young Investigator Award 2002.10
サイエンス誌若手科学者賞 Amersham Biosciences and Science Prize for Young Scientists 2002.11
ノバルティス・リウマチ医学賞 2004.4
日本リウマチ学会賞 2004.4
アメリカ骨代謝学会 Fuller Albright Award 2004.10
日本学術振興会賞 2005.3
日本学士院学術奨励賞 2005.3
科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 2005.4
文部科学省・科学技術政策研究所が選ぶ科学技術への顕著な貢献in 2005 [ナイスステップな研究者] 2005.12
東京テクノ・フォーラム21 ゴールド・メダル賞 2006.4
オーストリア骨代謝学会 Austrian Society for Bone and Mineral Research(AuSBMR) and Ludwig Boltzmann Institute of Osteology、2006 International Research Prize 2006.11
持田記念学術賞 2008.10
井上学術賞 2009.2
日本骨代謝学会学術賞 2009.7
3rd Joint Meeting of the European Calcified Tissue Society & International Bone and Mineral Society、2011 IBMS-Bone Herbert A. Fleisch Award 2011.5
日本免疫学会賞 2016.12

社会活動
アジア太平洋リウマチ会議(Asia Pacific League of Associations for Rheumatology)副会長(2004年11月~2008年9月)
国際骨免疫学会議(International Conference on Osteoimmunology)Organizing Committee(2005年3月~)
American Society for Clinical Investigation, Member (2008年4月~)
日本臨床リウマチ学会 評議員(2005年11月~)
米国骨代謝学会(American Society for Bone and Mineral Research)Ancillary Program Committee(2006年9月- 2007年12月)
日本リウマチ学会 理事(2013年4月~)
日本骨代謝学会 理事(2013年6月~)
第42回日本免疫学会 副会長(2013年12月)
第35回日本炎症・再生医学会/第1回日本骨免疫会議 会長(2014年7月)
日本骨免疫学会 理事長(2014年10月~)
日本炎症・再生医学会 副理事長(2016年4月~)
日本免疫学会 理事(2016年12月~)
日本免疫学会 財務委員会委員長(2017年1月~)